シルキースノータイム®〈冬季限定商品〉11月〜2月

やわらかな飲み口、スーッと喉を通り抜ける、   
まさに粉雪のようになめらかな日本酒。
 

◆シルキースノータイム®とは?
「冬の暖かな部屋で温かな料理とともに、スーッと喉を通り抜ける粉雪のようになめらかな日本酒」をコンセプトのもと各蔵元さんが醸してくれた、株式会社太田商店オリジナルの冬季限定日本酒のシリーズです。
ひとつの「飲食シーン」というテーマのもと、日本酒の蔵元がそれぞれの個性を出して醸す、全く新しい試みのお酒です。
昨今の日本の冬は、外は寒くても家の中・居酒屋さんなどのお店の中はとても暖かいことが多いと思います。そんな中で鍋料理などを食べると、時には暑いくらいのこともあったり…。そんな冬の暖かな空間で楽しむのにぴったりの、スッキリとした飲み口で適度に熟した日本酒。
あるようで無かったお酒、言ってみれば「コタツでアイス」的なお酒です。
ラベルは各蔵元が趣向を凝らしたウィンターバージョンのデザインです。
飲み屋さんでご家庭の食卓で、お酒とともに見ても楽しい、またインスタ映えもするデザインをお楽しみください。

◆シルキースノータイム®酒質の特徴は?

“口当たり、喉ごしの滑らかさ”がこのシリーズの特徴です。
ちょうどこの季節は、新酒の時期と重なりますが、その特徴である「フレッシュではあるが搾ったばかりのため若く、度数も高め、また硬さが残っていることが多い」とは対極の酒質と言っても良いでしょう。
適熟感のあるスーッと喉を通り抜ける粉雪のようななめらかさが、最大の特徴になります。

◆こんな時におすすめという飲食シーンは?

和食でも洋食でも幅広い料理の食中酒として適しているお酒です。
家族で暖かな鍋を囲んで…、ワイングラスでホームパーティーの乾杯酒として…等、
日本酒の常識にとらわれない、自由な発想で愉しんでいただきたいお酒です。

上段左より、燦然〈菊池酒造〉、まんさくの花〈日の丸醸造〉、刈穂〈秋田清酒〉、百十郎〈林本店〉、栄光冨士〈冨士酒造〉、あら玉〈和田酒造〉、喜多屋〈喜多屋〉、月山〈吉田酒造〉、月の輪〈月の輪酒造店〉 下段左より、長龍〈長龍酒造〉、七賢〈山梨銘醸〉、寒菊〈寒菊銘醸〉、金戎〈西野金陵〉、三千櫻〈三千櫻酒造〉、富士錦〈富士錦酒造〉、東力士〈島崎酒造〉、福寿〈神戸酒心館〉、天領〈天領酒造〉
※月山は1800mlのみ、福寿は720mlのみの商品構成になります。
◆シルキースノータイムRの管理について◆
日本酒の冬の季節商品というと「しぼりたて」と呼ばれる新酒が一般的ですが、それらはだいたい「生酒」(火入れを行っていない)であるのに対し、シルキースノータイムRは火入れを行った比較的落ち着いた酒質であるため販売店様、料飲店様、購入され家庭で楽しまれる消費者の方々も、比較的取り扱いが楽なのが特徴です。(ただし低温管理が推奨されます。)
※シルキースノータイム®は株式会社太田商店の登録商標です。

※弊社は卸売業者のため、一般の消費者の方、料飲店様への直接の販売は行っておりません。
※酒類小売業者の方で、新規のお取引をご希望の方は、お手数ですが弊社までお電話にてお問い合わせください。